こぺり と のーべる

Welcome to my blog

文化財の古民家、鈴木邸の旅

知り合いのヨガ講師の方にお誘いいただき、

静岡登録有形文化財に指定されている古民家の『鈴木邸』に友人達とお邪魔してきました。



鈴木邸の管理をしている方が

インディアンフルートに興味があり、

「やりたいから、ちょっと知り合いで他にやりたい人いないか聞いてみます!」

と言ってくださり、何だか嬉しい展開に。

こんな素敵な場所でできたら最高だ・・・。

鈴木てい


しかし朝から焦った。

鈴木邸に行くはずが、なぜかマンションが並ぶ住宅街の一角

私立サレジオ学園の校門に到着・・・

「え!!??これ古民家なの!??立体駐車場とか完備されてるの!?」となり、

焦ってナビで調べ直したら、区が違う同じ名称の住所であったことが判明。



そこから急いで、

ヨガに間に合うように街中から北の山まで車を飛ばし、ギリギリで滑り込んだ。



そのあとは平和にゆったりヨガができましたが・・・

友人や皆さんの身体が柔らかく、しなやかなこと・・・。


かたや私は、スポーツテストで長座体前屈が1点だったときと

何ら変わらないゴーレムのような身体の固さが健在。


立ちながら前に身体を倒すと手がひざまでしかいかず・・・

自分がやっているのに、あまりの恥ずかしさに他人のふりをしたいほどであった。

きっと足が長いんだ!!そうに違いない・・・。



大広間や庭で笛を吹いた後は

かつて何回も訪れたのに一体誰に連れて行ってもらったのか忘れてしまったという

友人おすすめのやまめが食べられる山奥の茶屋で、

まるで居酒屋に来たかのような飲食をして帰ってきました。


きっとその友人は、

何回も来てるけど、誰と行ったか忘れたと言いながら、また私を誘うのだと思います。



帰り・・・みんな酔っていたのだろうか・・・

お金の計算ができなくなり、

私は水しか飲んでいないにも関わらず、

最初から計算能力が劣っているので

みんなでお勘定の足し算を間違えました。



お金を出したときに、

一瞬店主が目をみはり、時がとまりました・・・



いや、足りないのではなく、

払うお金が、店主へのサービスかな?くらいに多すぎていたのだけど、

「え!!??何か多いですよ!」と言われて渡されても

「ん?何かおつり多いですよ」とすぐ理解ができなかったところが、

もしかしたら、水と間違えて私もビールを飲んでしまったのかなと思いました。


ちゃんとお金返してくれて良い店主さんだった・・・。



そんな1日でしたが、

来月は別の友人も行きたいと言っているので、また鈴木邸の旅に行ってきます。


*************************






スポンサーサイト



心に響く演奏はどうしたら生まれるのだろう・・・

良い演奏って一体何なのだろう・・・

同じ楽器なのに、なんでこんな一人一人音色が違うのだろう・・・



今日、知り合いのお子さんのピアノ発表会を見に行き

様々な子ども達の演奏を唸りながら聴いていました。



すごい卓越した技術を持っていて、技巧が超絶なのに

何だか飽きてしまって、眠くなるような演奏をする子。


かたや、ミスタッチが多くて明らかに未熟なのに

時折、ふわんと漂ってきたり、ピリッと引き締まったり

空気が変わる瞬間を作りだす演奏ができる子。



生演奏に求めるものは聴き手によって、個々に違うと思うのだけれど、

自分が演奏を聴く立場で、音楽に求めているのは、

グッと胸に響いてくる音の瞬間や

音色で変化する空気感と広がるイメージだということを

子ども達の演奏で再確認しました。



そして、今日聴いた知り合いの子ども達の演奏は

表現力に光る瞬間がたくさんあって、

音の間合い、余韻と共に、広がるイメージを感じ、とても感動しました。



それはきっと彼女たちが、ただ、その曲のコピーをして

機械的に弾いていたのではなく、

しっかり演奏への意志と曲のイメージや

今まで経験した気持ちと重ねて

自分の音で表現していたから・・・。



自分がレッスンしているとき

生徒さんから技巧の指導を求められることがとても多いです。

勿論それも大事で何度も練習していかなければ身につかないし、

身につけばそれを使って表現力を高める手段になるから必要ではある・・・。



けれども、音楽や美術など何かを表現する上で、

自分も、生徒さんも一番大事にしていくことは、

そういうことではないということを改めて確信しました。



普段の経験とか、どんな人や物事と関わって

そのとき自分がどんな気持ちを味わっているのか。

悲しかったことや幸せだったことをどれだけ深く噛みしめて感じているのか。

普段見える景色から、些細な変化や日々変わる空気をどれだけ五感で感じているのか。



きっとあまりにも忙しかったり、そんなに深くまで意識をする癖がなかったりする人は、

何か嫌だったな~とか、何か幸せだった~だけの

ぼんやりした気持ちで終わってしまう・・・。


(インディアンフルートやりたい・・・と私に言ってきた人でそんな人は皆無ですが・・・。)



技巧の指導と共に

そこら辺を生徒さんに問いかけて、

深い気持ちとイメージを引き出していけば、吹き方も変わるかもしれない・・・

とアイディアをもらえた日でした。



しかし、もし私が子どもの頃弾いていたピアノを改めて自分で聴いたら

かなり浅~~くて軽~~い音だろうな・・・。

ブルグミュラーの教本ほっぽり投げて

一人で虫とザリガニとりに行くか

お絵描きとスーパーファミコンすることしかほぼ興味がない深みのない毎日だった。


小学生や中学生で何かぐっとくる演奏ができる子はすごい・・・。


*************************




空即是色・・・

『空即是色』・・・

今日そんなことを考える良いきっかけがありました。



これは般若心経の言葉であるけれども、ある本の一説に

『空は即ちこれ色だ』というのは『いい人は即ちこれ悪い人だ』

と言っているのと全く同じことであると書いてありました。



つまり、誰かにとっては良い人であっても

誰かにとっては悪い人なんてこともあるわけで

その実態は本当は『空』なわけです。



思い出すのは教職員時代・・・

必ず異動の時期になると

次に自校に来る予定の先生たちのことを

「あの人は良い人だよ。」とか

「あの人はこういう人なんだよ~。」

なんて話で盛り上がることがありましたが・・・。



そんなことを小耳にはさみながら、いつもいつも思っていたのは、

「それは誰かの主観だし、私はその人に会ったこともない。自分の感覚で判断したいなぁ…」

と・・・。


そしてその自分の感覚さえも実は『空』であって、

一度「苦手な人」と判断したものが「好ましい人」に変わる場合もあるわけです。

その逆も・・・。



誰かから聞いた話も自分の思いさえも

全部『空』なのだとしたら

全てのことが、本当は全く何の意味もないのでしょうね。




それでも人間って弱いから

人から聞いた話に流されそうになったり、

変な先入観を持って、余計なフィルターを通して物事や人を見てしまうわけだけれども

自分はなるべくそうはありたくないなぁなんて・・・



全部『空』だと思って物事を判断できるよう気を付けなきゃなぁ・・・

好き嫌いが激しいから尚更・・・。


なんて反面教師にそんなことを思った本日でした。


*************************









リズム感に悩む生徒さんと教え方に悩む自分

とある生徒さんが、吹いているうちにリズムがはやくなってしまうと悩んでいます。

ピアノ伴奏の人と合わせると、どんどんずれていってしまうと・・・。


観察していると、どうも休符の感覚がなく、

自分でも休みがうまくとれないことがわかるそう。



ここ3カ月、個人レッスンに切り替えてから

簡単なリズムトレーニングを

ひたすら手拍子や足踏みなどを繰り返し、身体で覚えられるようにしてきました。


以前よりは意識しているからか改善は見えるけれど、

大人となると、

なかなか身体に沁みつくまでに時間がかかるものですね。



「これは良いボケ防止になるね、先生!!」

なんて生徒さんは言ってくれますが・・・(笑)



以前通級指導をしているときに、

脳の領域で、運動神経とリズム感は関連があると研修で勉強しました。



確かに、運動が苦手な子ども達は、往々にしてリズムの感覚が弱い子が多く、

コミュニケーションでも間がうまくとれないといった特性が見えて

ひたすら音楽に合わせて、一定の速度でトランポリンを飛ばせたり、

ボールのドリブルをさせたりしたことがありました。



そしてやり始めてしばらくは全く何も変化がなかったのに

あるとき、いきなりグングン伸びるという現象がおこることが・・・。



このときは、運動能力や会話能力の向上を、まずリズム感を養うことで図ったわけですが、

関連があるのなら、

大人の場合もある程度有効なのだろうか。



できれば検証するために、

そんなことをまずひたすらやりたいなぁ・・・と思いつつも

それを日々やっていたら音楽教室でなく体操教室になってしまうから

その人が家で毎日苦なくできるような

リズムを養う方法を編み出さねばと試行錯誤しているところです。



しかしいろいろ考えると・・・・

お笑い芸人の人なんて間合いとかレスポンスが早くて、

会話能力が高いだろうに、

テレビでやっていた運動神経悪い芸人の人達は

なんで会話能力があってもそこが弱いのだろう・・・。

一緒に発達していかなかったのだろうか・・・謎・・・。


*************************



収穫祭はウンカでなしに・・・

無何宇さんでのサークル。

収穫祭に向けて、練習するつもりでしたが、

なんと残念なことが・・・。


今年はお米の収穫がうまくいかないかもしれないらしい・・・。


『ウンカ』とよばれる

ベトナムと中国で発生する虫が、今年は大量に日本に流れてきて

稲が枯れてしまう被害にあっているそうです・・・。


しかも農薬を使っていたとしても

薬剤に抵抗のあるウンカが急増中だと・・・。


作物を育てるのって大変なんだなぁ・・・。



そんなわけで、一本歯下駄で演奏する案はまたの機会になりました。



しかし、それで終わらない人達だった・・・。

今度はYOUTUBEチャンネルを作ろうと・・・。


1カ月ごとに同じ曲を吹いて

どれだけ進歩しないか自虐ネタを載せるそうです。

そして自分達だけで『いいねボタン』を必ず押すと。


進歩させねば・・・

IMG_20200908_222550_230.jpg

*************************