Welcome to my blog

パウル・クレーは共感覚だったのか・・・

慕っていた美術の恩師がお亡くなりになって、しばらくたった・・・



その先生は、私が教師になると言ったときに

「美術教師はなりにくいから、ゆきちゃんに席を空けなきゃ。」と

早期退職し、その後も何かと目をかけて下さった人でした。


いつも先生のお宅に行くと

クラッシックや、何らかのインストがかかっていて、

それを聴きながら、陶芸家の旦那さんが作った器でいただくご飯は

とっても美味しかった。



中学の頃、先生は私の絵を見て

「パウル・クレーに似ているね。」と仰いました。

一番好きな画家だと言って。



クレーに興味を持った私は、

彼の絵が飾られる展示会に足を運んだり、

資料を地道にファイリングしたりしていました。



クレーが、バイオリンをやっていたことは知識としてあったけれども

その頃は、絵にしか興味がなかったので、完全にスルー・・・。



ただただ、色の調和が素晴らしく、好きで仕方ありませんでした。



しかし今、自分がもう一度絵を描きはじめて、

あーでもない、こーでもないと

1人映像と音を繋いでいる作業中、さっきようやく気付いた・・・。



あ・・・クレーは、色聴だったんだと・・・。


先生もそうだったんだろうか・・・もう聞けないですが。






この前、サウンドヒーリングの先生と共感覚の話になったときに

「スリッパ見てしょっぱくなる人もいるそうです。」

と言ったら

「え・・・なんないの!?」と・・・

「私、飛行機の座席見るたびに酸っぱいんだけど・・・うそ!?座席酸っぱいよね!!??」

と言われたので

「全く意味がわかりません。」と返答しました。


意味がわからない・・・(笑)


この前noteで

『日の出に和音が聴こえた』という人とも知り合いましたが

人間の脳って一体どうなっているのだろう。

すごく興味深い。



気になる人は、共感覚判定テストというのをやると面白いと思います。

だいたいの人は持っていることさえ、気づいていないそうです。


共感覚判定テスト



**************************



スポンサーサイト