Welcome to my blog

雲の中のぽつんと一軒家

予想を超えたすごい場所だった・・・


サークルで使用している古民家の管理人さん所有、

南アルプス手前の山荘に共に着いていく約束をし、友人等と出発した昨日。



最後の最後、雲海の中、これはペルーかヒマラヤの道ですか!!??

というくらいの砂利、穴ぼこだらけの道や土砂崩れ跡・・・

そしてここはサファリパークですか!!??

というくらい、野生動物が道中出るわ出るわ。



そんな中をまさかのふつーーの軽でガッタンガッタン・・・

友人と若干蒼白だった。



長雨あとで道路は時々湧き水が噴出し、水が流れている・・・

ここでさよならかも・・・今までありがとうと

縁起でもないことが道中本気でよぎりましたが、



ヒグマに襲われたこともあると話す

ワイルドな管理人さんの道案内のおかげで

ふつーの軽でも生きて到着できました。



水は基本湧き水をタンクにため込み使用。

風呂なし、電波なしの、雲の中にある一軒家。

一般の人からは住むなんて到底考えられない場所です。



しかし、正直、今、昨日までいたその場所に戻りたくなっている・・・。




電磁波のジリジリくる感覚もないし、

見たくもないニュースは目に入らない。


テレビのようなガチャガチャした音もない、

携帯も、カメラ以外は何の役にもたたない。



イノシシや熊、猿、鹿などの動物が徘徊するエリアで

たまに「キー」という謎の鳴き声を聞きながら、笛を奏で、

仲間と共に火をおこし、ジビエ料理を楽しみました。


こんな楽しい経験ができるなんて

必死に働いていた数年前は思いもしなかった。



ついでに長棒を使用した熊も倒せるであろう秘儀を

友人から指導してもらい、運動靴がぼろぼろになるまで実践しました。



超インドアだったのに、

周囲にいる人のおかげさまでアウトドアやサバイバルの知識が年々増え、

何かだんだん部族化している気がする・・・。

小さいサイズ




そんな異界から帰ってきた途端・・・

携帯とパソコンを開いたときの情報量の多さに

すごい違和感が・・・。



コロナ??という不思議な感覚です・・・。



結構知らない内に情報に踊らされていたんだなぁ・・・と自覚し、

なるべくネット・ニュース断食して生活をシンプルにしていこうと

と改めて思える良い機会になりました。



この一軒家周辺を今後みんなで開拓して

プライベートキャンプ場にすることを目標に

定期的に訪れることになりそうです。



整備が進んだら、サークル仲間とも泊まりで合宿できたら良いなぁ~。

道路が心配だけれども・・・。

**************************







スポンサーサイト